ガーデニング

キタテハ

11月10日

鮮やかなオレンジ色の蝶がダリアの葉の上で羽を休めていました。
そっと近づいてカメラで撮影し始めると、さっと飛び立ち、そのままいなくなってしまいました。
この素早さ、絶対にツマグロヒョウモンじゃない!と確信させてくれる動きでした。
ツマグロヒョウモンは警戒心が薄く、レンズがぶつかるくらい接写してもあまり動じない蝶なんです。以前、私の手の上に乗ってきてストローで皮膚を刺そうとしたこともあるくらいで、その警戒心のなさは蝶界屈指と言えるかもしれません。
だから、カメラで3枚しか撮影できないほどの素早さで飛び去り、そのまま戻ってこなかったあの蝶は、どう考えてもツマグロヒョウモンとは考えられません。

後で画像を確認してみたら、どうやらキタテハのようです。
美しいオレンジ色が印象的ですね。

翌日、またやってきて、ブッドレアの蜜を吸っていました。
羽の模様から、たぶん同じ子です。
今度はお食事中ということもあってか、かなり接近を許してくれました。
羽の切れ込みのカーブがすごく魅力的。

幼虫はカナムグラ(クワ科の)を食草とするそうで、冬は成虫で越冬するとのこと。
また戻ってきてほしいなぁ。

今日はとても暖かい一日で、トカゲの子どもがクリーピングタイムの上で日光浴をしていました。

関連記事

  1. 朝起きたら蝶がいた件
  2. ローブ・ア・ラ・フランセーズ開花
  3. ジギタリス
  4. ローズ・ポンパドゥール
  5. 蜂ホテル開設しました
  6. ミツバチ?
  7. ポピー ‘アメイジング グレイ’
  8. ミツバチがやってきた2

カテゴリー記事一覧

  1. 熱海温泉 平鶴

  2. キタテハ

  3. キアゲハ

  4. ミツバチ?

アーカイブ

PAGE TOP