ガーデニング

アガベ

笹の雪

雑誌やその他のメディアでアガベを見るたび、「いったい何がいいんだろう。私はきっとハマらないだろうな」と思っていました。
ところが、NHKの「京も一日陽だまり屋」という園芸番組で紹介されたアガベ “笹の雪”を見たら、ちょこっと興味を持ってしまったのが運の尽きというか。
https://www.nhk.jp/p/engei-hidamariya/ts/GG2724JK7M/

アガベ笹の雪は、緑の葉に白い模様が入り、雪が積もったように見えるユニークな多肉植物。模様はペンキと呼ばれている。雪を描くのが苦手という画家がアガベを見て驚き・・・。(番組HPより)

「白い斑の模様をペンキというのか。ちょっと見てみたいかも・・・。」
やや奔放な感じに走るペンキの線にちょっと興味をひかれました。

数日後、横浜市にある「ヨネヤマプランテーション本店」を訪れたところアガベが多数置いてあったので、例の”笹の雪”があったらいいな~どんなのか見てみたいな~と思って探したところ、あったあった。なぜか床の上にポツンと。
それが、これです。このお店は「写真撮影OK」とのことなので、撮影させてもらいました。

実際間近で見てみると、なんか圧倒されるというか、グッと迫ってくるような力強さを感じました。
葉っぱをつまんでみると思ったより肉厚というか、意外と硬くて分厚くてがっしりしています。

これは欲しいかも・・・。いくらなら買うか? 5,000円か、6,000円か・・・? と考えながら鉢を持ち上げて値札を見てみると・・・。
おっと~なんと3万円! これは想像以上にレア植物だったのか!?

楽天とAmazonで探してみても、安くて6,000円台、高くて万単位という高値でした。そこでメルカリをチェックしてみたら、とても安い抜き苗を発見。これは買うしかありません。さっそくポチり、本日3日に到着しました。

商品情報に9センチと書かれていましたが、想像していたのよりはるかに大きく立派に見えました。実際に測ってみたら確かに端から端まで9センチだったけど。
さっそく素焼き鉢に植えました。
どうです、なかなか立派な笹の雪ですよね?
3万円より葉っぱは少ないけど、見劣りしません。

2月9日撮影。

輝山

「笹の雪」の一種、”輝山” 。笹の雪のオマケで同梱されていたもので、上の写真の左側に映っています。
もう少し大きくなったら写真を撮ってアップしますね。

レオポルディ(滝の白糸)

アガベの育て方の本を読んでいたら、くるくると巻く白いフィラメントが特徴的な「滝の白糸」、別名レオポルディというアガベに魅せられてしまいました。

これはもう買うしかないですね。ここでもメルカリでポチっとな。
早く来ないかな~。

←↓靍岡秀明氏著「多肉植物 アガベ NHK趣味の園芸 12か月栽培ナビNEO」より

到着したのでさっそく植え替えました。くるくるフィラメントが可愛いです。
これが上の画像のような大きさになるには何年かかるのだろう。

というわけで、あれよあれよという間に一気に3つの「アガベ持ち」になっていまいました。今までまったく興味がなかったのに、メディアの影響って凄いですね。
「今日も一日陽だまり屋」もあんまり好きじゃなかったのに、私を瞬時にして「アガベ好き」に変えてしまったNHK、恐るべし。

関連記事

  1. ミツバチを看取る
  2. シジミチョウ(ヤマトシジミ)
  3. スミレ
  4. デルフィニウム
  5. こぼれ種から咲いたデージーとビオラ
  6. エケベリア
  7. コマルハナバチ
  8. 害虫と益虫

カテゴリー記事一覧

  1. スミレ

PAGE TOP